第2回ワークショップ 『街区づくりデザインゲーム』

まとめ

6グループの案を青年部会で整理し、まとめました


まちのテーマとして『次の世代に残そう下町の風薫る町』を掲げました。

ブロックごとにそれぞれの機能をもたせて、高竜地区全体さらに駅からのアクセス、サザンクロス等の関連についても考慮して、町全体として機能するように考えました。
・1ブロック:家族向けマンション、屋台通りとして低層の店舗付住宅。
・2ブロック:タウンハウスの考え方を導入、お宮、公民館、公園の集積を活かし老人と
子供のふれあいの場を設ける。低層の共同店舗を設置しにぎわいを作ります。
・3ブロック:サーラスポーツを核に、ロータリーに面した辻広場、スポーツ関連の専門ショッ プ、健康志向レストラン等を設置。サーラマンションの南側の区域は 「にぎわいのある」住宅地とします。
・4ブロック:このブロックが街の中心となります。西側にはシンボル的存在で事務機能を集積 した高層のオフィスビル、様々な技を持つ「匠」の工房を誘致して、匠村とします。 デイケアと併せたメディカルセンターとして、医療機関を誘致します。リサイクル社会の到来に対応したリサイクルプラザを設置し、高齢者の雇用にも寄与します。 中田島線に面した街区は、シングル向けマンションを誘致します。
・5、6ブロック:浜松駅近くの魅力を活かして、高級住宅街と位置づけます。





講師の伊藤先生から講評をいただきました


今日は2回目として、街区について考えてみました。
驚いたことは、地権者の人がこんなに町全体のことを話せるというのは、全国あちこち行っていても、そうあることではありません。大体、自分の土地がどうなるのか?という話になってしまいます。
高竜地区では、まちのことを考えるのが当たり前、というコミュニティがある。これは、すごいことであり、大切なことです。
区画整理事業では、みんなの気持ちさえ一つにできれば、何でもできる。もちろん、お互いの調整は必要ですけど。
こうした事業があることは、はたして不幸なことかといえば、そうではなくまち全体をつくり直せるというチャンスはそうないと思う。みんなの主旨に合ったまちにできれば!と思います。今日の6つの提案については、青年部の人たちに、一つの提案にまとめてもらい、次回、さらに議論を進めていきましょう。
行政の人にも、色々考えてもらえるように。みんなの気持ちがまとまっていれば、できる!!
ここのように、青年部がまちのことを考えているというのも、そうないことだし、素晴らしいこと。
来年度は、仮換地指定です。それまでに、地域の考えを計画にまとめると良いと思う。


町づくりセンター長と行政から講評をいただきました


浜松まちづくりセンター長:大和田氏
まち造りまずは青年部の方々のご努力に敬服いたします。ワークショップに参加した大勢の皆さんの意気込み、熱意そして青年部の柔軟な機動力、このように住民が活発にまちの将来を考えているところは、あるようで少ないのではないでしょうか。
前回のワークショップで出された意見をうまく集約し、ボンネルフ通り、屋台通り、ヨーロッパ風ロータリーで道路をまちの新しい「顔」として演出していること、匠村、リサイクルセンターなどまちが新たなメッセージを世に送るしかけなど、まちの個性が失われつつあるといわれている昨今、楽しそうなまちの予感させる提案だと思います。
区画整理という事業の性格から、今後この案も相当たたかれると思いますが、これを機会に
「自分たちでまちをつくる」という明確な意志がますます地区全体にみなぎらんことを期待します。

浜松市区画整理課:鈴木氏

区画整理事業というのは基盤をつくる事業です。そこに皆さんがどういうまちをつくるかというものです。
皆さんのご意見には、出来ること、出来ないことがありますが今後もよろしくお願いします。
●道路、公園について
・新たに計画する道路用地の確保
・都市計画決定されている公園の変更
・ヨーロッパ広場の必要性
・駐車スペースなど道路の使い方、他
●各ブロックの施設計画について
・マンション、郊外型ショップなど各
施設の敷地の確保
・2BL、3BL、の幹線沿いの土地利用
・1BL、2BL、の区域外とのつながり
●権利者への呼びかけ


行政との質疑応答


Q 新川端の公園計画が問題視されているが?
A 位置を動かすのは、出来ないわけではないが難しい面もある。
都市計画で決めているものは、特に時間がかかったりする。

Q 電線地中化については?
A 主要なところについては、計画がある。

Q 平成23年完了予定だが、市のイメージは?
A 道路や公園は、絵にあるとおりだが、土地利用については、皆さんの考え方次第で、市がどうこう言うことではない。平成23年には、かなりまちもできていると思うが、事業については、移転など、1年で全てはできないので、どうしても時間差が出る。実際には、平成23年以降も、建物を建てているような、そういう感じだと思う。

Q 東街区は?
A 第一地区は、平成18年、第二地区は、平成21年の完了予定。広小路の乾物屋さんのところ。東地区の事業については、ピークは過ぎたがまだ終わっていない。



参加者の感想をまとめました


★初めて参加しました。区画整理の街づくりという事が少し分かりました。ありがとうございました。
★なかなか大変なことだと思いますけど、なるべく早く決定したら、うれしく思います。
★街区づくりは、現実の住居とか土地の現在を考えると、良い方向に進めたいと思うが、将来の姿がどんなに変わるか不安が先立ってくる。 自分が将来どこに住むことになるのかを考え、年齢がまして来てから家づくりを思うと、大変になると思う。
★私は、昨年秋より、仮設第1号に住んで営業しています。住んでみて、交通量の多いのに、びっくりしています。この道路が完成すれば、良い通りになると実感していますので、Aブロックは商店街をもっていきました。本日は、とても良い会合だったので、良かったと思います。砂山に商店を多く。南は住宅街、ちょっと残念。
★第一回は、よく分からない感じだった。今回は、大変有意義な時間がもてたが、どれだけ実現に近づけられたか、不安と楽しみが半々です。やはり自分の家がどのようになるのかが一番気になることです。まだまだ時間が長くて、不安も大です。
★みんなの考えを聞けることは、大変有意義である。ある方向性がまとまっていけたら、良い事だと思う。
★魅力のある町づくりの話、大変おもしろかったです。駅南の安全、保安が基本だなとつくづく思いました。
★前回より今回と、ますます面白く、又、皆でがんばろうという気持ちにさせて頂きました。3回目を今から楽しみにしています。ありがとうございました。
★今日、初めて出席させていただきましたので、はじめのうちはよくわからない事ばかりでしたが、グループの皆様といろいろとお話が出来たことは、大変有意味でした。ありがとうございました。
★理想的な町作りを考えると、楽しい気持ちになってきました。しかし、個々の家庭の状況を考えると、困難な点が非常に多いと思います。現在、高竜地区の住んでいる人々の年齢の割合を知りたいと思います。それによっても変わってくるのではないでしょうか。
★理想と現実とは、大分異なると思われますが、今日皆様の話し合ったことが実現できればいいなと思った。今後の話し合いが大事なことと思われます。
★みんなで考えた街なみが実現できるように考えていきたい。
★各グループ毎に説明があり、大変勉強になりました。私達のところでは、皆さんが考えて、貼りました。
★今日はたのしく勉強した様な気がしました。ABCDEFの方々の考えも、同じ様な気持ちを持っている様ですね。私、この様な会に出ましてとても勉強にもなり、これからも聞いて自分のこれからの事も力になれる様に参加したいと思います。
★伊藤さんのまとめのお話をお聞きして、「僕らの地域って、ひょっとしてすごい所?自信持っちゃうそ!」って思いました。第3回楽しみです。
★今日、初めて参加をさせていただき、色々な意見を聞き、ためになりました。ワークショップの可能性を感じました。
★今日は大変勉強になりました。現実を離れて楽しい街を想像出来、有意義でした。
★初めての参加でしたが、夢がふくらむ様な会でした。早い実現を望みます。
★駐車場の話が各グループより出なかったが、当地では大変重要なことと思う。
★すみよい町になりますようお願いします。
★色々勉強になりました。都市画・区画整理の事で時々考えております。お話をきいてほんとうにその通りです。
★都市計画のプランがおぼろげながら見えてきた。
★有意義な会でした。個人の意識を全体的な意識に変えて行く事が必要だと思いました。
★街づくりに参加しているぞ〜という実感がわいてきた。いろいろな人の街づくりのイメージを知ることができ、よかった。
★今日の活動を通じて感じたことを一言。居住人口が増えることは重要であるが、居住人口がそう増加していなくても、日常この地域に来てくれる人が多くなれば、それでも良いのではないか。そのためには、砂山銀座を含め、駅のところの南側を含め、検討すべきではないか。今、我々が検討していることが、市の考え方と一致しない場合どうなるか。
★未来の町の姿をかんがえる時間がもててよかったと思う
★いろいろな案の街ができました。あったら便利だなと思う施設や実際いるだろうと思う施設、すてきな街になるといと思います。
★好い町づくりになる様希望します。
★新しい町づくりの話し合いから多くのイメージがふくらみ、楽しい時間をすごしました。このようなことが夢で終わることなく、現実になってほしいと思います。換地は早くしてほしいですね。
★商店街活性化 ・人口増加策〜区画整理は絶好のチャンス。住民・気持ちを合わせ進めたい。
★一回より二回、前進を見た感じがする。回を重ねる事によって、個人の気持ちをだんだん出して、町造りに近づけていけるとよいと思います。
★70すぎの老人ですが、色々話を聞き、理想の話、気持ちが明るくなりました。一人暮らしですので、くらいことばかり考えていましたが、よかったと思います。
★初めて参加させていいただきました。色々心配な事もありましたが、皆さんの意見を聞いて、頑張らなくては、と思います。
★皆様の率直な意見が聞けて有意義でした。
★今日の勉強会で、まちづくりの難しさがわかった。ユニークなムードのあるまちにしたい。川、サーラ、駅に近い利点を生かしてもらいたい。人口増加は必要です。

ワークショップ一覧表へ