第2回ワークショップ 
『街区づくりデザインゲーム』

2004年1月25日(日) 18:00〜21:00
砂山公会堂
講師:大久手計画工房 伊藤雅春
協力:(財)浜松まちづくり公社・浜松まちづくりセンター
第2回ワークショップ
についての説明をうける
各グループで街区ごとに
街のデザインをする
各グループの発表

ステップ1:前回のワークショップで出された高竜地区の街づくりの課題を整理しました


●8つのキーワード
1.昭和40年代の人口2,000人の町をめざそう
2.高齢者が安心して、楽しく、便利に暮らせる町にしよう
3.散歩がしたくなるような季節感のある町にしよう
4.住んでいる人を増やしてにぎわいを取り戻そう
5.町に人を呼ぶ工夫をしよう
6.静かな住宅地もつくろう
7.災害に強いまちづくりを早く進めよう
8.官民、力を合わせてまちづくりに取り組もう

●街づくりプロジェクトの提案
1.都市基盤・公園・公共施設・防災など
・遊歩道の有効活用
・新川親水公園等の整備
・コミュニティガーデン・辻広場の新設整備
・医療施設、福祉施設の整備

2.商店街活性化・地域資源活用など
・サーラスポーツを活用した周辺地区の活性化
・商店街でのイベントなどの開催
(朝市、フリーマーケット、オープンカフェ、お祭りの復活など)
・アーケードの修繕・奇麗で明るい商店街づくり
・商店街の店舗建替え・共同化の促進
・店舗構成の充実(若者対応・飲食店・喫茶店・こだわりの店など)

3.人口増加策(住宅の供給)
・分譲マンションなどの集合住宅の建設(共同化による敷地の有効利用)
・シルバーマンション(高齢者向け住宅)の建設
・若者向けのワンルームマンションの建設
・複合ビルの建設(貸店舗、貸事務所、賃貸住宅)
・落ち着いた戸建て住宅地の整備


ステップ2:まちづくりの中でこれだけは実現したいものを出し合いました


●都市基盤・公園・公共施設・防災など
・医療施設(メディカルセンター)
・公共施設の整備(交番 等)
・駐車場整備
・福祉施設の充実 お年寄りが集まれる場所(施設)デイサービス
・新川親水公園の整備
・交番による治安、遊歩道(四つ角)の段差を少なく、スペースを広くするため、木などはいらない
・遊歩道の有効活用、コミュニティガーデン・辻広場(防災)(遠大な縁台構想)
・緑がほしい、出来たら木を植えてほしい
・落ち着いた町、親しみを感じる町
・公園を待ちの中心にして、交流の場とする(公園は移動)
・コミュニティ広場、子供と年配者が一緒にすごせる場所、建物。いつもだれか人がいる。
・新川は河(水面)として活かす、花かざりを道や窓辺に
・整然としていて街区ごとに機能的にまとまっているような街

●商店街活性化・地域資源活用など
・商店街のイベント等の開催
・サーラスポーツ活用、周辺地区の活性化
・店舗構成の充実 喫茶店〜おそい時間まで
・リサイクルセンター→シルバー人材の活用
・駅からの人の流れを呼ぶスポットを作る
・商店街の店舗建替え・共同化の促進
・個々の発展
・匠地区を!
・公園を利用した人集め
・サーラの通りに買い物が出来る店が出来る様になると希望です
・アーケード(雨にぬれない)、サーラスポーツ周辺で(スーパーor商店街)送り迎えの保護者
・イベント、フリーマーケット等、オープンカフェー(雰囲気作り)
・新川親水公園を利用してフリーマーケット、朝市などの開催
・下町の寄り合い場(現代のオープンカフェやパブ)
・商店街の活性化(同業・同職の街並 屋台街、ラーメン横町)、スーパー
・店舗構成の充実(こだわりの店、飲食店、若者対応)

●人口増加策(住宅の供給
・分譲マンションなどの集合住宅の建設
・分譲マンション多く建てる。子供の増加
・落ち着いた戸建住宅
・落ち着いた戸建住宅地の整備
・一坪ショップ等の若者の集まるショップ
・パティオ型複合ビル
・立地条件を利用+便利+安全面をアピールすることができる町
・高齢者の多い地区なので、シルバーマンションもいいのかも知れない
・計画が、すみやかに進むような街づくり
・複合ビルの建設(貸店舗、貸事務所、賃貸住宅)
・若者向けのワンルームマンションの建設
・住んでいる入居者自身の考えを重要視する。魅力ある住宅の建設


ステップ3:『浜松で一番すみたいまち高竜』まちづくり計画提案を作ろう

・6グループに分かれて、それぞれのグループで『浜松で一番すみたいまち高竜』を描きました

【Aグループ】
・戸建に住みたいという人が多い
・南は、落ち着いた戸建住宅地に
・商店街は、メイン道路沿いに
・リサイクルセンター(公共施設?)がぜひほしい
・北側:若い人向け・ワンルームマンション
・中 :分譲マンション
・南側:シルバーマンション
・医療施設
・公園〜道路を駐車場にしたら、という提案
【Bグループ】
・治安、防災面から、公園の近くに交番。その近くにはシルバーマンション
・中田島街道は車が多いので道沿いに複合ビルとビジネス向けワンルーム
・2ブロックは、人口増に期待…分譲マンション、複合ビル、商業系
・交差点…シルバーマンション、サーラスポーツもあるので、医療関係に集まってもらえたら、と思う。公民館があっても便利
・南…落ち着いた戸建
【Cグループ】
・匠地区…地域の財産といえる匠の人を集める
・広い歩道では、コミュニティガーデン、辻広場を
・コミュニティ広場は、誰かがいつでもいるような場所に。子ども達のスペース
・新川端には、親水公園。ガス燈も
・パティオ型などの複合ビル
・税務署の近くには、医療関係を集中させたメディカル施設を
【Dグループ】
・新川端には、親水公園を
・5BL…ゆったり落ち着いた戸建を
・3BLで人口を増やそう。サーラ中心の活性化
・医療・福祉施設も
・2BL…店舗(ラーメン、飲食、喫茶)
・商店街のイベント(朝市など)、屋台(焼き鳥、おでん)
・地区外…男女のコミュニケーションがとれる場所。いわゆる色街。人を集めるため
・アーケードの修繕を
【Eグループ】
・商業施設…北側 (活気を)
・一戸建て住宅…南側(イシハラ以南、静かな)ゆったりする
・分譲マンション、医療施設
・今あるマンションは、動かせないので、東側に提案が集中している
・交番が必要だという声が多い
・公園について不安だという声が多い
・公園の位置が悪い
・外から商業の人に入ってほしい(ビル)
・まちの古いコミュニケーション
【Fグループ】
・西のイシハラのところにマンションつくる。、
・ キャトル近くの公園が計画されているところあわせて600人
・ヨーロッパのセントラルのような人が集まる場所をつくる
・医療・福祉施設
・南に公園の一部を持ってくる→そのため、2ブロックの人口は、−50人とした

 


 

まとめ