第3回ワークショップ 『これぞ高竜の魅力! 』〜もし私がまちに何かができるとしたら〜

まとめ

各グループ案についてパネルディスカッションをおこないました


(I氏)
・駐車場とボンエルフについての話が出ていました。 
・青年部案を見直していくポイントはどこだと思いますか?

(A
・思ったより好印象。駐車場は青年部でも話が出ましたが、あまり多く描くと魅力が無くなると思って描きませんでした。
・これで、具体的に進められるかと思って安心しました。 
・足立さんと一緒に、地域内の戸数を数えました。

(S
・非常に大胆な意見。
・この事業は、エネルギーが必要になってくると思います。
ある程度時間をかけながらやらないと、実現できなくなると思います。
祭りのパワーをここで生かして欲しいです。

(A
・減歩をし、換地になったとき多少南に移動する人が出ると思いますが、市ではどれくらいを予想していますか。

(S
・現在、買収をしています。園芸博の関係もあり、雄踏道路の方を集中して買ってきました。こちらは、たまたま大地主さんが多かったという事もあり、本来であれば平均的に買っていけばいいが、南側を買い過ぎています。このままで行くと1,2ブロックを現位置換地が納まらなくなってしまいますので、南へ動く事はあると思いますが、今はまだ正確に把握していません。

(K
・先程、時間を掛けても良いと言っていましたが、今のデフレがインフレになった場合、建設費用などに関しても、もの凄いお金がかかります。あまりゆっくりやっていると実現不可能になるので、あまりゆっくりやっていられないと思います。
・予算、お金の問題、地権者が賃貸・分譲をした場合、入居者、店舗なども実現可能なのか。時間を要する問題があるのではないか。3〜5年かかる中で、今の経済状況は変わってくると思いますので、単純に余り物を考えない方が良いです。
(S
・区画整理はお金がないとできない事業です。市の都市計画費の中でも相当なウエイトをかけています。今の計画通りに行くかも不安があるが、東地区が終わればある程度の予算を確保していけると思います。ある程度の時間も必要になります。

(I
・おそらく何十億、何百億と投入する事業なので、良いものを作るには時間をかけたら良いという訳ではないですが、時間がないからと言って早く進める訳にもいかないと思います。
・この町を良くする事によって、他の町も良くしていこうという発想はすごいと思いました。
・ここができる事によって、浜松のまちに良い影響が与えられる様に考えるのが筋だと思います。

(O
・青年部から出た案と更に又新たな案が出た。
・匠村と高級店の案が出たり、浜松らしい色々な名前の付いたものが出てきた。皆さんの思いがたくさん出て、エンジンがかかってきたと思います。
・ワークショップは一様3回で終わりなのですが、これからが本番になってきています。時間を掛けなければいけないけれど、ゆっくりはできないと話がありましたが、もっと皆さんと深く話し合っていかなければならないと思っています。
・他にも輪を広げて、たくさんの人を巻き込んでいき、知らせ、吸い上げていく事をやっていかなければと思っています。
・まちづくりセンターが、またバックアップしていきたい。青年部の皆さんや皆さんにも協力して頂き、御連絡して集まってもらうかも知れません。よろしくお願いします。


・予定通りだと、来年仮換地が行われます。仮換地は直ぐにできると思いますが、話し合いをしていないと換地後に時間がかかってしまいます。事前に話をする事は時間がかかるように思いますが、仮換地後がスムーズになり全体で考えればそんなに時間はかからないと思います。


参加者の感想をまとめました


★今後の進め方が気がかりです。
★区画整理地区の回覧板の回数を多くしたらどうでしょうか?
★小ブロックの会合へ。
★皆さんの意見、考え方を小グループで、につめていきたい。
★今一度ここの地権者の考え方をもう一度聞いてみる必要が有ると思います。自分の地域のグループで話し合う必要が有ると思います。
★もう少し皆にあった勉強会の会がほしい。
★ワークショップは本当に力のある地域でないとできないと思います。幸いにも高竜はものすごいパワーの人々がたくさんいるので、ぜひ、この案が形になる様に継続していってほしいです。
★もう少し具体的な話し合いを。
★何のために区画整理事業をやるのか。区画整理後のまちづくり、街のあり方が決まらないと、どのような区画整理をするかを決められない。
@駐車場計画(街の駐車場をどうするかを研究する)
A緑化計画、親水公園計画等の研究部会を作って下さい。
★3回のワークショップで出来た案を叩き台にして今後は各部ロック毎の会合が必要だと思います。
★街づくりの会に参加して具体的に話し合ってくると活動そのものが楽しくなってきました。これからも協力していきたいと思います。
★私は車の運転ができません。でもたのしくすごしています。
★仮換地の始まる前に、ブロック別の細かな会合を積極的に開くようにしてもらいたい
★ブロック別、グループ別の話し合いを密にして、換地決定を早くする。個人住宅に住む者としては最大限の望みです。高年齢なので余裕がなく残念です。
★大変よい勉強になりました。未来の街が楽しみです。
★青年部の活動により活気あるプログラムが出来、納得できる内容で心強く思います。
★3回にわたって勉強会、伊藤さんありがとうございました。やっと皆様の考えが見えて来た様に思いますが、ほぼ同じ人達の出席でした。欠席した人達の考えを、これからブロックの勉強会でリードしていきたいと思います。
★板屋町地区は減歩しないと聞きましたが、何で寺島町が減歩するのかお聞きしたいと思います。
★青年部の意見をタタキ台にして、ブロック単位の会合をもう少しやった方が良いと思います。

ワークショップ一覧表へ